生麦事件と寺田屋騒動

薩摩とイギリスとの衝突の原因となった「生麦事件」とは、文久二年(1862年)八月二十一日、神奈川横浜近辺の生麦村にて香港で商いをしていたイギリス人チャールズ・レノックス・リチャードソンとウィリアム・クラークらの一行が薩摩藩島津斉彬の弟、島津久光の大名行列を横切り乱したとして、リチャードソンらを斬り捨てたとされ事件です(リチャードソンらは、侍たちの命令通り、道の端に寄ったとも言われています)。
元来西洋人と日本人との価値観はかけ離れており、それまでは鎖国という門に閉ざされていたのですが、その門が開き始めたことにより起こった西洋との摩擦、価値観の違いを知らしめた事件でもあるでしょう。しかし外国人でもこの時代の事情に詳しい者ならば「武士の頭」である大名行列が何たるかは承知していたとも言われています。只、不運なことにリチャードソンらは、それを甘くみていたのでしょう。そしてその相手が薩摩藩だったのですから。

薩摩の「示現流」は、まさに「一刀両断」という言葉が相応しい剣術流派です。
一刀の剛剣のもと相手を断ち割るという凄まじい剣術です。幕末過激派浪士たちから畏れられた新撰組局長近藤勇でさえ、新撰組隊士たちには、「薩摩の一太刀目は、外せ」と言っていたそうです。そんな武(ぶ)を象徴するかのような大藩ですので、大国イギリスの要求である、事件の犯人(斬った者)の差し出しと賠償金請求を呑まない、決して相手に頭を下げないという強行手段に出たこともお国がらでしょう。
そして薩摩はイギリスと戦争を起こすこととなるのです。所謂「薩英戦争」です。そして、薩摩藩は外国の脅威を思い知らされることとなります。イギリスに敗れる前までは、薩摩は尊王攘夷派が多かったのですが、戦争はそれを一旦緩めることとなるのです。
そして、「生麦事件」が起こる数ヶ月前にも薩摩藩内で抱えていた尊王攘夷への火を消そうとした事件がありました。薩摩藩の政治参与を画策する島津久光は、幕府への建て前もあり、藩内の過激尊王攘夷派らを警戒していました。

そんな中、薩摩藩士である有馬新七らが挙兵倒幕の計画をたてているとの情報を得、文久二年(1862年)四月二十三日、有馬新七そして真木和泉らが潜伏する京都伏見の船宿「寺田屋」に奈良原喜八郎ら九人の刺客を送り込みます。有馬新七以下六名が死亡、所謂「寺田屋騒動」です。大藩「薩摩藩」が抱える公武合体と尊王攘夷との歪みを象徴する事件です。 島津久光という狡猾な頭首をにまつわる事件が、新撰組が生まれる文久三年(1863年)の前年に起こっておりました。薩摩藩、この幕府にとって脅威となるほどの力がこの先、幕末を揺さぶったとも言えるのではないでしょうか。
大藩「薩摩藩」が抱える公武合体と尊王攘夷との歪みを象徴する事件です。 島津久光という狡猾な頭首をにまつわる事件が、新撰組が生まれる文久三年(1863年)の前年に起こっておりました。 薩摩藩、この幕府にとって脅威となるほどの力がこの先、幕末を揺さぶったとも言えるのではないでしょうか。