足利三代将軍木像梟首事件

「足利将軍木像の晒し首」、激しさを増す倒幕志士たち、
そして彼らに向わせるために生まれた剣客集団「新撰組」

文久三年(1863年)二月二十三日といえば浪士組が入洛した日です。その日の早朝にこの事件はおきました。 梟首(きょうしゅ)とは、首を切って、木の上にさらす刑罰、「さらし首」のことです。等持院に安置されていた足利三代将軍、足利尊氏、義詮、義満の木像の首が三条大橋下の河原にさらされていたのです。足利将軍つまりかつての幕府の頭領であった将軍の首を徳川将軍の首に見たてての尊攘過激派、平田派国学者の一派による徳川家茂の上洛への脅しだったのです。 すでにこの頃、京の町には、過激浪士たちによる天誅行為が横行していました。 この事件もその激しさを幕府に見せつけるものであり、すでに手のつけられない状態になっていたということです。

過激派による天誅は、幕府と結びつくと判断した者たちに容赦なく行われました。所謂、見せしめです。外国との貿易にたずさわる豪商なども狙われました。川辺に惨殺された者たちの生首がさらされるということも多々ありました。 しかし、木像の・・・しかもかつての武家の頭領であった足利将軍の首をさらすというのは、生首をさらすよりも不気味な光景だったに違いありません。 この事件を取り上げたのもこれが浪士組が京都に到着した日に起こったということ そしてのちに新撰組を預かることとなる会津藩主松平肥後守容保公に従来の組織では太刀打ちできない尊攘過激派に対抗する強い組織をつくるという決心を強めさせ、のちに新撰組という剣客集団が生まれるきっかけとなった事件だからです。