八月十八日の政変「七卿落ち」新撰組出動

文久三年(1863年)、当時の京都は尊皇攘夷を掲げた急進派の長州が、同じく尊攘派の公家三条実美らと手を結び勢力を伸ばしつつありました。 長州藩は攘夷親征(天皇自ら出陣し攘夷をする)の詔をたてに幕府に対して攘夷を迫ります。 しかし長州の強引なやり方に不満をもっていた孝明天皇はこのままでは朝廷と幕府との対立が避けられないと考え、それを避けるためにも京都守護職会津藩主松平容保にその意思を伝えます。もとより朝廷と幕府とを結びつける役目も担う役職であった松平容保は、天皇の支持を得たとし、公武合体派であった薩摩藩と手を結びます。 薩摩藩という強力な味方を得た会津は、京都よりの長州勢力一掃の準備を着々と進めていきました。

それまで一大名家として表舞台に立つことがなかった会津藩にとってはまさに政治の表舞台に立つ絶好の機会でもありました。
そして、八月十八日、会津、薩摩軍は、御所堺町御門を警備していた長州軍を追い払います。 御所すべての門を会津、薩摩軍で固め長州軍の進入を阻止し、尊皇攘夷派であった公家三条実美ら七名が朝廷より追放されます(七卿落ちと呼ばれてます)。そしてこれが「八月十八日の政変」と呼ばれるクーデターです。この八月十八日、まだ、浪士組を名乗っていた新撰組に御所の南門の警備の任が与えられます。
そしてその時、彼ら壬生浪士組は、「新撰組」という名前を与えられるのです。