岡田以蔵

其之剣、暗殺剣也、「人斬り以蔵」と畏怖され、
其の剣才は彼の名を幕末四大人斬りとして轟かせた

 私が描く新撰組活劇は沖田総司が中心です。沖田総司が幕府側が抱えた暗殺集団ともいえる新撰組の中での人斬りならば、過激浪士といわれた者達の中でも恐れられた人斬りは、「岡田以蔵」その人でしょう。ただ、彼らとて決して望んで斬っていたわけではないはずです。生まれながらの人斬りなどありえません。沖田総司そして岡田以蔵、この二人は貧しい家に生まれました。沖田の生い立ちは人物伝にて書いていますが、岡田以蔵もまた郷士の子として天保九年(1838年)に土佐の高知城下に生まれます。彼の家は郷士の中でもとくに扱いが低かったそうです。土佐藩というのは身分制度がきつかったそうです。岡田以蔵の家は、身分的にはとても低く生活も厳しかったとのことです。
沖田総司は、口減らしのような形ですが内弟子として道場に入門することができましたが、岡田以蔵は道場に通うこともできなかったそうです。しかしながら彼の剣術の才能に目を付けたのが後に土佐でも過激と謳われた土佐勤皇党、その指揮を執った人物である武市半平太です。
彼は岡田以蔵を士学館に入門させ、鏡新明智流剣術の使い手とします。この時代、貧しい家に生まれれば女なら身を売る、男なら自分の強さを売る・・・そんなことが多かったのでしょう。もとより剣術の天分があった以蔵は、幕末三大流派ともされた鏡新明智流を身につけたのですから凄まじいほどの剣豪となったはずです。只、以蔵が教えられたのは剣術だけだったようです。

武市半平太は、彼に学問などを学ばせ、それによって岡田以蔵という人間の中で芽生える不必要な倫理感、意思をもつことをさせたくなかったのしょう。必要だったのは、自分の思い通りに動く暗殺者が必要だったのです。そして文久二年(1862年)、武市は以蔵が人斬りとして畏怖される京の都に彼を解き放ちます。そして岡田以蔵は、凄惨な殺戮を繰り返すのです。もちろん、ただ斬り殺すのでは幕府への見せつけにならず、首をさらす(梟首・きょうしゅ)こともありました。すべて武市の命令か、それとも自分を貧困から救ってくれた恩人武市への恩返しのつもりか・・・武市半平太の意に添わぬ者、阻む者たちを次々と襲うのです。
しかし以蔵に影響を与えた人物がもう一人います。「坂本龍馬」です。暗闇の中で生きる以蔵にとって一筋の光明・・・心を許せる人物だったといわれています。坂本龍馬と武市半平太とは旧知の仲でもあり、龍馬は武市の過激なやり方に反論し続けながらも以蔵のことは気にかけていたようです。岡田以蔵が振るっていた刀は「肥前忠広」という名刀です。そしてそれを以蔵に譲ったのが坂本龍馬といわれています。その刀を以蔵は暗殺のために振るったのです。武市のやり方を非難しつつ龍馬はどう思ったでしょうか・・・そんな以蔵を龍馬は救い出そうと自らの師として尊敬する勝海舟の護衛を頼むのです。岡田以蔵は、人を斬ることを止め、人の命を守る任務を与えられるのです。

しかし、すでに「人斬り」として染みついてしまった臭いが取れなかったのか、それとも武市の意思でしか動けない自分がいたのか・・・以蔵は勝海舟の元をさります。そして一旦裏切ったとされる勤皇党にもどることもなく、彼は堕ちていくのです。 名刀「肥前忠広」も手放し、脇指一本だけの岡田以蔵が殺傷沙汰で町奉行所に捕まり、取り調べを受けます。一旦釈放されますが彼を探していた土佐藩の命令を受けた警吏(現在の警察官)に捕縛されます。土佐藩は藩政を脅かす勤皇党への弾圧のため、彼らを捕らえ拷問し、暗殺の背後にあるものをすべて洗いだそうとしていました。岡田以蔵も厳しい拷問にかけられます。
凄惨な拷問の末、武市への忠誠心も失い、龍馬から譲り受けた愛刀も失った岡田以蔵は、慶応元年(1865年)五月、打ち首の刑に処せられ、その首は河原に晒されます。かつて京都で「人斬り以蔵」と恐れられた自分がやったように・・・ 岡田以蔵、享年二十七。

岡田以蔵辞世の句

君がため 尽くす心は水の泡 消えにし後は 澄み渡る空

一説によると拷問に耐え続けていた時、 其れに耐えかねて口を割る前に 「口を封じるように・・・」と武市半平太の命令で 自分に毒がもられようとしたことを知り、 彼は、すべてを白状したと言われています 少年の頃より持ち、守り続けてきた武市への忠誠心が 泡のように消えてしまった・・・そんな彼の悲しさが この辞世の句に込められているのではないでしょうか

岡田以蔵逸話〜イラスト漫画

岡田以蔵漫画 岡田以蔵漫画

岡田以蔵が坂本龍馬より依頼され、勝海舟の護衛をしていた時、
勝を襲おうとした浪士を斬り捨てますが
其の時、勝海舟に無用に人を斬ることを諌められた岡田以蔵は、
只一言
「わしがこいつらを斬らなかったら、
勝先生、あんたが斬られていましたよ」と
寂し気に言ったそうです

岡田以蔵〜佐藤健イラスト

※上記イラストは「時代劇絵日記〜新選組観賞」にて描いた
NHK大河ドラマ「龍馬伝」の岡田以蔵(佐藤健殿)です