新撰組池田屋事件〜幕末最大の斬り込み

元治元年、京都を震撼させた新撰組による幕末最大の斬り込み「池田屋事件」

新撰組、池田屋斬り込み「池田屋騒動」

「祇園祭と池田屋」イラスト

駒形提灯に灯がともり
「コンチキチン」「コンチキチン」
祇園囃子が鳴り響く

池田屋事件〜古高俊太郎邸跡

 元治元年(1864年)六月五日、祇園祭の宵々山におこった「池田屋事件」は、彼ら新撰組の名を天下に轟かせることとなります。前年の八月十八日の政変にて敗走した長州勢が密かに京に舞い戻り、肥後、土佐らの過激派志士らと共に倒幕の時機を狙っているとの情報を得ます。
そして、有力な情報が入ります。筑前藩御用達商人である四条木屋町の枡屋喜右衛門という男、本名は古高俊太郎といい、桝屋には長州や肥後そして土佐の志士たちが足繁く出入りしている・・・との島田魁、山崎烝ら新撰組の探索方の報告を受けます。そして武田観流斎らが古高を捕縛し、土方歳三の激しい拷問の末に古高俊太郎は倒幕志士たちちの計画を自白します。「烈風の日に京の都に火を放ち、天子様を京の都より長州へ・・・」という世を震撼させる計画だったのです。

新撰組は直ちに京都守護職、松平容保に報告します。しかし、迅速に行動に移せたのは「新撰組」だけでした。志士たちの会合の場所を絞り込むことが出来なかったため、新撰組は二手に分かれます。一方は、副長土方歳三が率い、そして、もう一方の有力な会合場所とされた三条小橋北側の旅篭「池田屋」に向かったのは、近藤勇を筆頭として沖田総司、永倉新八、藤堂平助らです。
表口より入った近藤が池田屋の主人惣兵衛に「旅宿お改めである」と告げると惣兵衛が二階に集まっている者たちに新撰組が来たことを知らせます。その後を近藤らが追い、そして抜刀した志士たちと激しい斬り合いとなります。闘いの最中に沖田総司は持病の労咳が悪化し祇園会所に引き上げ、藤堂平助は額を切られます。しかし、土方隊が駆け付け戦況は一転して新撰組が優勢となります。
新撰組側は、奥沢栄助が池田屋で討ち死に、新田革左衛門と安藤早太郎が重傷となり死亡。志士側は、首謀者である肥後の宮部鼎蔵、吉田松陰の松下村塾で高杉晋作と並び「四天王」と呼ばれていた長州の吉田稔麿、土佐の望月亀弥太ら有力な志士が討ち死にし、多くの者が捕縛されます。 望月亀弥太は、勝麟太郎(勝海舟)の神戸海軍操練所に坂本龍馬と共にいたために「池田屋事件」が海軍操練所が廃止される原因となるのです。
「池田屋騒動」の凄まじさを新撰組局長近藤勇は、養父周斎に宛てた書簡にしたためています。

・・・局中僅かに三十人・・・二手に分かれ、
一カ所は土方歳三を頭に致候処、拙者僅かの人数を引き連れ
一時余之間戦闘に及申候処・・・
拙者の刀は虎徹故に候哉無事に御座候
・・・今度之敵多勢・・・何れも万夫之勇者、
誠に近急之場合を助り申候・・・

京都守護職 松平容保より「池田屋事件報奨金」

池田屋での新撰組の活躍に対して同年八月四日に京都守護職松平容保より報奨金が下されます。新撰組局長近藤勇(金三十両)、新撰組副長土方歳三(金二十三両)、以下新撰組隊士への報奨金の分配は、沖田総司(金二十両)、永倉新八(金二十両)、藤堂平助(金二十両)、武田観柳斎(金二十両)、浅野藤太郎(金二十両)、谷万太郎(金二十両)、島田魁(金十七両)、原田左之助(金十七両)、斎藤一(金十七両)、井上源三郎(金十七両)他七名、松原忠司(金十五両)他十一名、そして今回の襲撃で命を落とした新撰組隊士の奥沢栄助、新田革左衛門、安藤早太郎には別途金として会津藩より金二十両が下されます。

最後の侍達「新撰組サムライ道」

「池田屋」維新史蹟写真

池田屋事件での倒幕志士たちとの死闘は新撰組の存在を世に知らしめたと共に志士たちの倒幕の気運を加速させることにもなりました。
其れを知らしめるかのように白昼堂々と起こったのが佐久間象山襲撃事件です。
同年七月、開国派であり西洋式砲術の先駆者であった松代藩士佐久間象山が、幕末四大人斬りとして土佐の岡田以蔵と共に畏怖されていた肥後の河上彦斎らに襲撃されました。

二百有余年つづいた徳川幕府の終焉、その大きな荒波に新撰組・・・最後の「サムライ」たちはのみ込まれていくのです。

【写真】「池田屋騒動」の舞台となった「旅籠池田屋」跡