沖田総司愛刀伝「菊一文字則宗」

 日本刀の種類は「太刀」、「刀」、「脇指」、「短刀」があります。二尺以上の刃をもつものが太刀と刀です。太刀と刀の違いは、鞘から刃を抜いたとき瞬時に相手に斬りつけることができるかどうかの違いがあります。太刀は刃を下向きにして足金物という鞘についている金具に紐を通して腰に吊して携帯します。刀は刃を上に向け帯に差します。つまり刀の方が鞘から抜いたとき刃を返す必要なく相手を斬ることができるということです。 これから紹介します日本刀は打刀と呼ばれる室町時代から定着した「刀」です。

沖田総司「菊一文字則宗」

 沖田総司の愛刀は細身の茎(なかご)に菊の紋と「一」という銘が切られた打刀だったと伝えられています。それゆえに名刀「菊一文字則宗」でなかったかとされていますが確証はありません。しかし、もし沖田総司が実際に菊一文字を佩いていたとしたならば、それはどれほどの名刀だったのでしょうか。まず、菊一文字の刀工、則宗は鎌倉時代に後鳥羽上皇のもと菊の紋を切ることが許された名工です。
沖田総司の「菊一文字」が則宗の作刀とするならば、刀でなく太刀となるはずですが、沖田が太刀を佩いて(腰に差す)いたとは考えられず、そうすると彼の刀は少なくとも則宗の作ではないということになります。おそらく時代が下って菊紋を切ることが許された刀工の作によるものであるとされます。細身で腰反りが高い刀だったといわれる沖田の刀は、敵の刃を受けた時の強度もあり、池田屋に代表するような斬り合いになった場合、扱いやすかったともいえます。
沖田総司の愛刀が「菊一文字」であったかどうかは定かではありませんが、新撰組一番隊隊長として活躍した彼の佩いていた刀はまぎれもない名刀だったに違いありません。

イラスト刀

腰反りといえばどちらかと言えば古刀期によくみられる反りですが、
沖田総司の佩刀は、上記イラストのような腰反りの高い打刀だったと伝えられています。
※上記の刀は、イメージイラストとして描きましたので実物とは異なります。