北辰一刀流剣術

坂本龍馬を始め名だたる幕末の剣豪たちが其の名を連ねる江戸三大剣術流派「北辰一刀流」

 北辰一刀流の北辰とは夜空に浮かぶ北斗七星のことです。流祖である千葉周作は、北斗七星の化身とされる妙見菩薩を信仰していたということからこの名がつきました。
千葉周作は、寛政六年(1794年)、陸奥国気仙村に生まれます。父親より家伝の兵法、北辰夢想流なる剣術をたたき込まれ、松戸に移ってからは、中西派一刀流、浅利又七郎義信そしてその師、中西忠兵衛に剣術を学びます。
そして自らの剣術を見出すべく武者修行にでます。各地の道場を巡り様々な流派を吸収した周作は、文政五年(1855年)、日本橋品川町に北辰一刀流、玄武館を開きます。
剣術の流派の教義は難解とされてますが、千葉周作の北辰一刀流ではこれを簡略化し、分かりやすくしました。そして北辰一刀流は、瞬く間に広まっていったのです。

そして三年後、神田お玉ガ池に道場を移した玄武館は、江戸三大道場の一つに数えられるまでに大きくなりました。
この新撰組〜轍〜にこの北辰一刀流を加えたのは、志士たちのみならず、新撰組隊士たちの中で天然理心流についで多くの隊士たちがこの流派だったからです。名のある志士たちでは、坂本龍馬、山岡鉄舟、清河八郎などの名が挙げられます。
そして新撰組隊士で北辰一刀流の使い手といえば山南敬助、藤堂平助のちに新撰組参謀として入隊する伊藤甲子太郎などの名が挙げられます。